JBIS-サーチ

国内最大級の競馬情報データベース

区分 頭数 総額 最高価格 最低価格 平均価格 前年
頭数 平均価格
152 852,610,500円 31,500,000円 1,050,000円 5,609,279円 123 5,766,036円
94 578,665,500円 18,375,000円 1,050,000円 6,156,015円 82 6,291,036円
58 273,945,000円 31,500,000円 1,050,000円 4,723,189円 41 4,716,036円
岩手県馬主会 10 43,260,000円 7,350,000円 3,150,000円 4,326,000円 8 4,528,125円
7 33,285,000円 7,350,000円 3,150,000円 4,755,000円 5 5,355,000円
3 9,975,000円 3,675,000円 3,150,000円 3,325,000円 3 3,150,000円
一般 142 809,350,500円 31,500,000円 1,050,000円 5,699,651円 115 5,852,152円
87 545,380,500円 18,375,000円 1,050,000円 6,268,741円 77 6,351,818円
55 263,970,000円 31,500,000円 1,050,000円 4,799,454円 38 4,839,671円
主取 110 - - - - 58 -
59 - - - - 33 -
51 - - - - 25 -
  • ※1平均価格前年比較 売却 156,757円 (2.7%) 低
  • ※2出場頭数前年比較 81頭増
  • ※3売却頭数前年比較 29頭増
  • ※4出場馬に対する売却馬百分率 58.0% 前年 (68.0%)に対し 10.0%減
  • ※5総売上額前年比較 852,610,500円 前年 (709,222,500円)に対し 143,388,000円( 20.2%)増(消費税込み)

総売上額は852,610,500円で前年比20.2%プラス、2年連続で市場レコードを記録
最高価格は1F最速10.69秒のゴールドアリュール牝駒の31,500,000円


 北海道トレーニングセールは5月21日(火)、日高、胆振、十勝軽種馬農業協同組合主催で、改装中のJRA札幌競馬場において開催された。今年は20日が公開調教、せりは21日と日を分けて行われた。
 上場頭数は過去最高の262頭(牡153,牝109)、売却頭数は152頭(牡94,牝58)で、売却率は58.0%(前年比10.0%減)だった。総売上額は852,610,500円(前年比20.2%増)で市場レコード、平均価格は5,609,279円(前年比2.7%低)、中間価格は4,200,000円(前年比7.0%低)となった。1,000万円以上で購買されたのは前年を9頭上回る19頭と過去最多となった。
 最高価格馬は公開調教で上がり1F10.69秒の最速時計の父ゴールドアリュール、母チェリーフォレストの牝駒で、31,500,000円でスクーデリアに購買された。牡の最高価格馬は、父アグネスデジタル(USA)、母ウイズアフェクション(USA)の産駒で森田謙一氏に18,375,000円で購買された。
 左回りで行われた公開調教では8頭が上がり1F10秒台をマークし、全頭が購買され、価格トップスリーを含め7頭が1,000万円以上で取引きされ、調教時計と価格の相関性が改めて浮き彫りになる結果となった。種牡馬別平均価格ではマンハッタンカフェが16,800,000円でトップ、次いでゴールドアリュールが15,750,000円で続いた。新種牡馬ではJBBA種牡馬ヨハネスブルグ(USA)が8,452,500円でトップ。香港からの購買者が2頭を総額14,805,000円、韓国からの購買者が2頭を5,775,000円で購買、シンガポールからの購買者もせり合いに参加したが購買には至らなかった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

性別
上場番号
187 pdfを開く
売却価格
18,375,000円
購買者
森田 謙一
販売申込者
(有)三石川上牧場
性別
上場番号
21 pdfを開く
売却価格
31,500,000円
購買者
スクーデリア
販売申込者
追分ファーム
トップへ